群馬がん治療技術地域活性化総合特区
群馬県
ホーム » 特区プロジェクト紹介 » 医療産業 » ものづくり企業の医療分野への参入促進
医療産業

ものづくり企業の医療分野への参入促進

医療現場と企業のマッチングから販路開拓まで一体的に支援

プロジェクトイメージ

 

プロジェクト概要

医療関連産業は、成長が見込まれる分野であり、また、自動車・電気機械産業などと同様、群馬県の企業が長年培ってきた「ものづくり力」を基盤とした産業分野です。

こうしたことから、県では医療関連産業を群馬の次世代を担う重点産業分野として位置付け、その振興を図っています。

現在、本特区構想の実現に向けて、産学官・医療機関・金融機関が連携して、医療産業コーディーネーターによる企業の掘り起こし、医療現場ニーズの把握、国競争的資金等の研究開発資金の活用支援、ものづくり企業と医療機器メーカーとのマッチング、販路開拓支援などに一体的に取り組み、ものづくり企業の医療産業分野への参入促進や新たな医療機器等の開発・改良を強力に推進しています。

 

プロジェクトメンバー

群馬県、群馬大学、前橋工科大学、群馬県立県民健康科学大学、群馬県立がんセンター、がん診療連携拠点病院、(公財)群馬県産業支援機構、NPO法人北関東産官学研究会、(一財)地域産学官連携ものづくり研究機構、商工会、商工会議所、中小企業団体中央会、群馬大学産学連携・共同研究イノベーションセンター、群馬県次世代産業振興戦略会議会員企業

 

 画像:冊子表紙トピックス

医療現場のニーズを調査

医療関連分野への参入を目指す企業を支援するため、「医療現場の課題・ニーズ調査」・「医療現場と企業との意見交換会」を実施し、現場ニーズに基づく医療機器等の開発を推進しています。