群馬がん治療技術地域活性化総合特区
群馬県
ホーム » 特区プロジェクト紹介 » 人材育成 » 高度がん診断や治療技術を担う診療放射線技師の育成
人材育成

高度がん診断や治療技術を担う診療放射線技師の育成

がん画像診断技術や放射線治療の高度化に対応するため、大学院課程に専門の人材育成プログラムを開設

プロジェクトイメージ

 

プロジェクト概要

群馬県立県民健康科学大学外観高度放射線治療の登場や画像診断の多様化と高度化 、さらに需要の増加に対応するため、高度な知識と技術を持つ診療放射線技師が求められています。群馬県立県民健康科学大学は、診療放射線技師として専門職業人を育成するとともに、診療放射線学研究科(修士課程)で高い専門性を有し、指導的役割を担う人材を育成しています。本事業では、次の人材育成プログラムを大学院課程に積み上げることにより、従来の教育プログラムだけでは育成できない、重粒子線治療等に従事する高度な知識と技術を持つ診療放射線技師を新たに養成することを目指しています。

重粒子線治療に従事する診療放射線技師

重粒子線プロジェクトに参画しうる実践能力を持った高度医療専門職者を養成する。
修士課程で、国際協力型がん臨床指導者養成拠点プログラムの教育コースを活用する。

学際的放射線技師

放射線画像や治療等の多様化・高度化に対応し、高度医療専門知識・技術を持つ技師を育成する。医学・科学の専門知識、学術研究・開発能力等を有する人材と、これらの人材の教育者を育成する特別養成課程を創設する。

 

プロジェクトメンバー

群馬県立県民健康科学大学、群馬大学

 

プロジェクトメンバー近影Voice

群馬県立県民健康科学大学
学長 土井 邦雄

患者や病院にとって必要な医療系の技術や製品は、極めて広範囲なものが含まれています。それらは、診断から治療と健康維持の範囲にわたり、病院、診療所、在宅治療まで関係しています。群馬県における医療産業の参入・開発には、県内企業と医療系大学、医療機関、福祉施設との積極的な共同作業が要求されます。技術的には、薬品から装置・器具、更にソフトウエアまでが対象になります。群馬県の「がん特区」は、県内企業と大学などとの共同作業を進める大切なチャンスです。本学では、人材育成プログラムに加え、企業との連携に積極的に取り組みたいと考えています。