群馬がん治療技術地域活性化総合特区
群馬県
ホーム » 特区プロジェクト紹介 » 人材育成 » 重粒子線治療を担う高度がん医療人材の育成
人材育成

重粒子線治療を担う高度がん医療人材の育成

重粒子線治療を始めとする先進的ながん診断・治療において、世界のリーダーとなる医師、医学物理士、放射線技師、研究者を育成

 

プロジェクト概要

世界の放射線医学を牽引し、重粒子線治療やがん診断・治療分野におけるメディカルイノベーションに貢献する人材を育成するために、放射線医学国際人材育成センターを設置します。既に文部科学省予算に採択されて遂行している「重粒子線医工学グローバルリーダー養成プログラム」、「アジアにおける核医学発展のための指導的人材育成プログラム」、「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」と連携しながら、県立県民健康科学大学との連携大学院や、次世代放射線治療を担う放射線腫瘍医・医学物理士のOJTプログラム、さらに各種の教育研究プログラムを実施し、国内外から医師や医療従事者、研究者を呼び込み、がん医療に関する研究開発の活発化を図るとともに、がん治療技術の高度化・先端医療機器の開発・運用を担う放射線腫瘍医/診療放射線技術士/医学部物理士/加速器工学者/医学・生物学研究者を育成します。

 

放射線医学国際人材育成センター

プロジェクトイメージ

 

プロジェクトメンバー

群馬大学、群馬県立県民健康科学大学、がん診療連携拠点病院、高度医療機器開発産業、国内連携教育研究機関、海外連携教育研究機関

 

プロジェクトメンバー近影Voice

群馬大学 
大学院医学系研究科長・医学部長
和泉 孝志

重粒子線医学を始めとする放射線医学は、医学に加えて工学、物理学、生物学などを含む学際的な学問領域で、その発展のためには、医師・医学研究者だけではなく、工学者や生物学者の関与が必要です。

本センターでは、群馬大学のもつ強みを活かしながら大学院医学系研究科や重粒子線医学研究センターと連携し、医学の発展を目指すとともに、世界の重粒子線治療や放射線診断・治療を牽引し、さらに関連する産業の発展に貢献する、医師・医学研究者・医療従事者・医療開発人材を育成していきたいと考えています。