群馬がん治療技術地域活性化総合特区
群馬県
ホーム » 特区プロジェクト紹介 » ものづくり » バイオと半導体技術を活用した超高感度がんセンサーの開発
ものづくり

バイオと半導体技術を活用した超高感度がんセンサーの開発

モーター蛋白と半導体技術を活用し、
がん由来物質を超高感度で検出するセンサーを開発

プロジェクトイメージ

 

プロジェクト概要

がんに起因して発生する体内物質(腫瘍マーカー)を、半導体基板上でモーター蛋白を使って濃縮し、電気的に検出する超高感度センサデバイスの開発と事業化を図ります。

本機器は、センサデバイスと測定ユニットから構成され、モーター蛋白によってセンサデバイス上の小型セルごとに異なる腫瘍マーカーを濃縮し、測定ユニットで量変化を電気的に同時計測できるため、検体量・検出限界・装置サイズの改善はもちろん、測定時間・コスト面で大幅な改善が期待できます。

このセンサのメカニズムは、半導体技術とモーター蛋白技術を組み合わせるという、過去にないテクノロジーミックスにより開発を進めているセンサデバイスであり、体内のがん由来物質を、抗原抗体反応を活用して選択し、モーター蛋白で濃縮・差動回路を利用して電気的に高感度検出するものです。国内はもとより、世界的にも類似の研究開発の実績はありません。

多種類の腫瘍マーカーを同時に低コストで測定することができるため、医療機関向けの医療機器としてはもちろんのこと、将来は、家庭用ヘルスケア機器としての可能性も有しており、がんの超早期発見を身近なものにしていくことが期待されています。

図:超高感度センサー

 

プロジェクトメンバー

太陽誘電(株)、(株)アドテックス、長岡技術科学大学、はこだて未来大学、函館工業高等専門学校、群馬大学、群馬県立がんセンター、東京慈恵会医科大学分子生理学教室、NPO法人 北関東バイオフォーラム、(独)情報通信研究機構 未来ICT 研究センター、(独)産業技術総合研究所 バイオメディシナル情報研究センター

 

プロジェクトメンバー近影Voice

太陽誘電(株)開発研究所
主席研究員
石黒 隆

モーター蛋白という生物学の技術分野は、白色LED同様、日本が世界に先駆けて生み出した画期的なテクノロジーであるにもかかわらず残念ながら、これまで、この技術を活用したデバイスは商品化されていません。本プロジェクトでは、生物学と電子デバイス技術というこれまで、相互に交流のなかった研究者・技術者が一体となって開発を推進することで、世界初のモーター蛋白を活用した「がんセンサデバイス」を開発・事業化することを目的としています。