群馬がん治療技術地域活性化総合特区
群馬県
ホーム » 特区プロジェクト紹介 » 重粒子線 » 高精度3次元線量分布測定技術の開発
重粒子線

高精度3次元線量分布測定技術の開発

重粒子線の照射領域を精細に可視化する技術を開発し、
“より安心”、“より安全”なQOLの高い治療へ貢献

プロジェクトイメージ

プロジェクト概要

世界最先端の重粒子線がん治療では、CTやMRI画像に基づき照射領域や照射量などの治療計画を作成した後、重粒子線照射が行われています。照射標準システムの高度化により複雑な形状のがん組織のターゲッティングが可能となってきていることから、医師及び患者にとって“より安心”かつ“より安全”な治療を行うために、実際の照射領域(線量の分布)を「見える化」することが求められています。

このプロジェクトでは、治療に要する線量に応じて白濁する素材を開発することにより、複雑な形状のがん患部に対する、正確で高精度な評価技術を確立するものです。

図:白濁する素材

 

プロジェクトメンバー

(独)日本原子力研究開発機構高崎量子応用研究所、群馬大学、(株)千代田テクノル、(株)柴田合成、(独)放射線医学総合研究所、筑波大学、茨城県立医療大学、群馬県立産業技術センター

プロジェクトメンバー近影Voice

日本原子力研究開発機構
高崎量子応用研究所
所長 玉田 正男

独立行政法人日本原子力研究開発機構高崎量子応用研究所は、世界最先端のイオン照射研究施設、電子線照射施設、ガンマ線照射施設等を有しています。これらの量子ビームを駆使して、環境や材料、バイオ領域における基礎から応用まで幅広い研究開発を進めています。

本3次元線量分布測定技術の開発は、これまで培ってきた高分子材料の橋かけや重合反応を利用したもので、QOLの高い治療や学術の進歩、さらには県内産業の振興に寄与できるものと期待されます。