群馬がん治療技術地域活性化総合特区
群馬県
ホーム » 特区プロジェクト紹介 » 重粒子線 » 重粒子線治療とX線治療・免疫療法等を組み合わせた革新的な医療技術の開発
重粒子線

重粒子線治療とX線治療・免疫療法等を組み合わせた革新的な医療技術の開発

免疫療法と放射線治療の同時併用で
副作用を増やさず難治がんを克服

プロジェクトイメージ

 

プロジェクト概要

群馬大学重粒子線医学研究センターでは、「がん治療特区」のリーディングプロジェクトとして、次世代重粒子線治療システムの総合的開発を進めます。この中で、重粒子線治療と強度変調放射線治療などの先端的X線治療や、免疫(細胞)療法を始めとする放射線治療以外の先端治療との併用治療を行うことにより、現在の重粒子線治療成績を超える革新的な重粒子線治療法を確立し、膵臓癌や悪性黒色腫などの血行性転移や周囲への腫瘍浸潤が問題となる疾患の予後を改善させることを目指しています。
 
図:免疫放射線療法

 

プロジェクトメンバー

群馬大学、平成日高クリニック、メディチクリニック、(株)メディネット、医療法人社団滉志会瀬田クリニックグループ

プロジェクトメンバー近影Voice

群馬大学 
大学院 医学系研究科
准教授 鈴木 義行

近年、放射線治療によってがん特異的な免疫力が増強することが明らかになり、免疫療法と放射線治療の同時併用療法により、局所の放射線治療効果を増強するだけでなく、全身への転移を抑制する可能性があることが考えられています。この治療法を確立することができれば、多くのがん患者さんの福音となることでしょう。