群馬がん治療技術地域活性化総合特区
群馬県
ホーム » 特区プロジェクト紹介 » 重粒子線 » 高精度重粒子線がん治療技術の開発
重粒子線

高精度重粒子線がん治療技術の開発

大学、メーカー、域内企業の連携による
周辺機器等の高度化

プロジェクトイメージ

プロジェクト概要

群馬大学重粒子線医学研究センターでは、「がん治療特区」のリーディングプロジェクトとして、次世代重粒子線治療システムの総合的開発を進めています。この中で、重イオンマイクロサージェリー(炭素イオンビーム照射の絞り込み技術)やコンプトンカメラ(複数エネルギー放射線測定技術)の開発を行い、現在の「世界普及型」重粒子線治療を超える革新的な高精度重粒子線治療システムを確立することにより、微細な脳腫瘍などの超精密照射が必要な「超難治がん」の克服を目指します。また、がん以外の脳疾患、心疾患に対する精密重粒子手術への適用拡大を図ります。

極小ビームでがんをピンポイント照射

プロジェクトイメージ

 

プロジェクトメンバー

群馬大学、(独)放射線医学総合研究所、(独)日本原子力研究開発機構高崎量子応用研究所、三菱電機(株)、(株)東芝、コニカミノルタ(株)、みずほ情報総研(株)、トッパンフォームズ(株)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、蔵前産業(株)

プロジェクトメンバー近影Voice

群馬大学 
重粒子線医学研究センター長
中野 隆史

散乱の少ない重粒子線の特徴を生かし、小さな病巣をmm以下の精度でピンポイントに狙う重イオンマイクロサージェリー技術は、今後新たな医療分野を開拓し、多くの患者さんの福音となるでしょう。

この技術開発で群馬県の医療産業を活性化し、その国際展開を通して、科学技術立国日本の更なる発展に寄与したいと思っています。